ゴルフ5のグリップ交換にかかる料金や時間

ゴルフグリップ交換の道具

ゴルフ5は、1本330円でグリップ交換しています。

ゴルフ5には、2つの仕上げ方法があり、料金が異なるため注意が必要です。

また、ゴルフ5以外で安くグリップ交換ができる店舗を知りたい方もいるでしょう。

そこで、この記事では、ゴルフ5のグリップ交換料金やゴルフ5以外の料金について紹介します。

目次

ゴルフ5のグリップ交換工賃表

ゴルフ5のグリップ交換にかかる工賃は、会員か非会員で料金が変わります。

以下の表がゴルフ5でのグリップ1本あたりの交換料金です。

区分通常仕上げクイック仕上げ
グリップ購入の場合
アプリ会員231円451円
非会員330円550円
グリップ持込みの場合アプリ会員770円1,155円
非会員770円1,155円

ゴルフ5では、通常仕上げとクイック仕上げの2つの方法があり、交換日数が違います。

通常仕上げとは、グリップ交換に2〜5日かかり、クイック仕上げはその日中に仕上げることが可能です。

ゴルフ5で持込みによるグリップ交換の場合は、割引がないので注意しましょう。

ゴルフ5の会員特典はある?

ゴルフクラブを持ち喜んでスいる女性

アルペンカード会員

ゴルフ5は、アルペンカード会員になることで、工賃が無料になります。

例えば、グリップ交換で1本330円かかる工賃が14本ある場合、4,620円かかりますが、カード会員になることで無料で交換可能です。

4,620円安くなることで、ボールやグリップ2本分の料金になるので大変お得です。

ただし、クイック仕上げについては、別途料金が必要です。

アプリ会員

また、アプリ会員になることで、アルペンポイントが貯まります。

このポイントは、グリップ交換料金に使用できることはもちろん、クラブやウェアにも使用可能です。

ゴルフ5では、新商品が発売されるときに、ポイント10%還元キャンペーンが行われることがあります。

キャンペーン中に、1本90,000円のドライバーを購入すると、9,000ポイント還元されます。

実質、90,000円のドライバーを81,000円で購入したことになるので非常にお得です。

ゴルフ5を利用する際は、アプリ会員になることをおすすめします。

ゴルフ5以外でグリップ交換が安い店舗

ゴルフ5以外でグリップ交換が無料でできる店舗を紹介します。

それぞれ条件はありますが、無料でグリップ交換ができる店舗は以下の4店舗です。

  • ゴルフパートナー
  • つるやゴルフ
  • ヴィクトリアゴルフ

ぜひ、参考にしてください。

ゴルフパートナー

ゴルフパートナーは、会員であればグリップ交換の工賃はかかりません。

ただし、グリップ持込みの場合は330円〜770円ほどかかります。

ゴルフパートナーは、持込みによるグリップ交換の条件が店舗ごとで違います。

実際に、330円で受付てくれる店舗もあれば、基本持込みによるグリップ交換を受付していないところもありました。

基本的にグリップ交換を受付ていない店舗でも、どうしてもしてほしい場合は770円かかるところもあります。

ゴルフパートナーは、店舗によってグリップ交換の条件が違うので、お近くのゴルフパートナーにお問い合わせください。

参考:ゴルフパートナーのグリップ交換って無料じゃないの?

つるやゴルフ

つるやゴルフは、他のゴルフショップと料金形態が少し違います。

具体的には、グリップ挿しで330円、グリップ抜きで330円かかります。

そのため、グリップ交換にかかる総額は660円です。

また、グリップを持込みの場合はグリップ挿しで770円と値段が上がるため、総額1,100円となります。

つるやゴルフは、ゴルフ5やゴルフパートナーなどの他店舗と比べ、1本あたりの工賃が倍の値段になっています。

これは、グリップ交換の工程が2つに分けてあることが原因です。

しかし、つるや楽天会員になることで、グリップ購入時のみ工賃660円が無料になります。

ヴィクトリアゴルフ

ヴィクトリアゴルフのグリップ交換の料金は、ゴルフ5と同じ1本330円です。

また、グリップ持込みの場合も同様、330円かかります。

グリップを持込み交換する場合は、ヴィクトリアゴルフが一番安いのでおすすめです。

しかも、モバイルポイントカード会員になることで、半額の1本165円になります。

ヴィクトリアゴルフは、グリップ交換する本数により、当日中に仕上げ可能か決まります。

グリップ交換にかかる時間と持ち込み交換

ゴルフボールを持つ女性

ゴルフ5でのグリップ交換にかかる時間と持込み交換料金について、他店舗の比較しながら紹介します。

ゴルフ5以外の店舗の場合、グリップ交換にかかる時間は、交換を店舗か工場で行うかによって大きく変わります。そして、持込での交換は通常より料金が上がるため注意しましょう。

わかりやすく表にして説明しているので、参考にしてください!

グリップ交換にかかる時間

店舗でのグリップ交換にかかる時間は、ゴルフ5の場合、通常仕上げで2日〜5日です。

クイック仕上げの場合、その時の店舗の状況にもよりますが、20分もあれば終わります。

実際に私がゴルフ5でグリップ交換してもらったときは、10分ほどで完了しました。

つるやゴルフは要注意

ゴルフ5やゴルフパートナーは店舗で交換するため早いですが、つるやゴルフは工場で交換するので時間がかかります。

グリップの挿しと抜きで4日〜6日かかりますが、この日数には、滋賀県にある工場への輸送日数は含んでいないため、注意が必要です。

持込みでのグリップ交換

持込みでのグリップ交換料金は、店舗ごとで異なります。

店舗ごとに料金を表にまとめたので、参考にしてください。

ゴルフ店舗グリップ持込み工賃
ゴルフ5770円(クイック仕上げ1155円)
ゴルフパートナー料金は店舗による(基本受け付けていない店舗もある)
つるやゴルフ770円
ヴィクトリアゴルフ330円(会員165円)

グリップを持込みで交換する場合は、ヴィクトリアゴルフが1番安いのでおすすめです。近くにヴィクトリアゴルフがあったら、グリップ交換をお願いしましょう。

グリップの交換時期や選び方

ゴルフグリップを調べる

グリップの交換時期や選び方をご存知でしょうか。

社会人の方は、練習やラウンドの機会が少ない方も多く、交換する時期がわからない方も多いと思います。

グリップの交換時期やグリップの選び方について、わかりやすく解説するので、ぜひ参考にしてください。

グリップの交換時期

グリップの交換時期には、3つのタイミングがあります。

  1. グリップが硬くてツルツルする
  2. グリップが割れている
  3. 指の部分がへこんで形がついている

上記の3つの場合は、交換時期となります。

グリップは、スイング中の手の力感に影響します。しっかり握っておかないと、滑ってクラブが飛んで行きそうなグリップは、早めに交換しましょう。

グリップの選び方

グリップの選び方について紹介します。

グリップには、さまざまな素材や太さ、バックラインなど選ぶ際に注意する点があります。

素材

グリップ本体の柔らかさが違います。ソフトなものもあれば少ししっかり目のものもあります。実際に握って、好きな感触のものを選びましょう。

太さ

グリップには、全体的に太いものと通常の太さのグリップがあります。方向性を重視したい方は太いグリップを、球をつかまえたい方は細いグリップを選ぶといいでしょう。

重さ

グリップは、全て同じ重さではありません。そのため、飛距離を伸ばしたい方は軽め、操作性を上げたい方は重めのグリップを選びましょう。

バックライン

バックラインがあることで、フェースの向きがわかりやすくなります。フェースの向きを確認しやすくしたい方や球をつかまえたい方は、バックラインありがおすすめです。

デザイン

グリップには、さまざまなカラーでデザインが豊富にあります。全て統一するのもいいですし、ウッド系やアイアン、ウェッジでグリップの色を変えてもいいでしょう。

グリップは、スコアに直結すると言われるほど重要なので、ぜひ参考にして自分に合ったグリップを選んでみてください!

ゴルフ5で売れ筋グリップ5選

ゴルフ5の売れ筋グリップ5選を紹介します。売れているグリップの特徴やどんな方におすすめのグリップなのかを解説しています。グリップを購入する際の、参考にしてください!

Golf Pride MCC TEAMS PLUS4:税込2,750円

 Golf Pride MCC TEAMS PLUS4は、グリップ自体がストレートになっています。

カラーバリュエーションが豊富なので人気があります。スタンダードサイズと全体的に太いミッドサイズがあり、好みに合わせて選ぶことが可能です。

このグリップは、利き手の右手をあまり使いたくない方や左右の統一感を持たせたい方におすすめです。

Golf Pride MCC ALIGN:税込2,860円

Golf Pride MCC ALIGNは、バックラインありのグリップです。グリップの後ろに赤色のラインが入っており、バックラインが可視化されています。

バックラインがあることで、スクエアにアドレスがしやすくスイングしたときに手首が返りやすいのが特徴。スタンダードサイズとミッドサイズの2サイズがあります。

このグリップは、フェースが開き、右方向へスライスしやすい方におすすめです。

LAMKIN SONAR+:税込2,090円

LAMKIN SONAR+は、音波型の模様が親指の位置をわかりやすくしており、毎回正しい位置でグリップを握ることが可能です。

このグリップは、滑りにくく、手のひらにしっかりとフィットします。バックラインがなく、ソフトなグリップが好きな方におすすめです。

まとめ

ゴルフクラブのグリップ交換料金について紹介しました。

グリップは人間が唯一クラブに触れる部分なのでとても重要です。毎日練習する方で1年に1回交換することを推奨されています。

しかし、工賃やグリップ自体の料金を入れると、セットで1万円を超える金額になり、それが理由でグリップ交換をしない方が多いです。

少しでも料金を安くするために、無料で交換できる店舗にお願いしたり、半額になる店舗を利用することが大切です。

また、2ヶ月〜3ヶ月に1回、グリップを中性洗剤(ウタマロなど)で洗いましょう。手の脂が落ちることで、グリップ力が戻り、長く使用できるようになります。

今回、紹介した情報を参考に、交換する店舗やグリップを検討してみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次