パーリーゲイツ89の意味と由来を徹底解説

パーリーゲイツ89
パーリゲイツ公式サイト

ゴルフファッションのブランドとして有名なパーリーゲイツですが、その象徴的な「89」には何か特別な意味があるのでしょうか?

この記事では、パーリーゲイツの「89」の意味と由来、創業者は?どこの国のメーカー?さらにはブランドが持つ独特の哲学と歴史について深堀りしていきます。

目次

パーリーゲイツ89の意味とその背景

  • パーリーゲイツの”89″:創立年からの歴史とブランドアイデンティティ
  • パーリーゲイツの創業者は誰
  • 1989年のブランド誕生とその影響
  • どこの国のメーカー?
  • パーリーゲイツの年齢層とターゲット層の詳細分析

歴史とブランドアイデンティティ

パーリーゲイツ創業1989年

“89”という数字がパーリーゲイツのブランドに刻まれている理由は、それが1989年に同社が設立された年を象徴しているからです。

1989年の創立以来、30年以上にわたってパーリーゲイツは独自のスタイルと品質にこだわり、多くのファッション愛好者や専門家から高い評価を受けています。

この数字は、ブランドの信頼性と継続性を象徴し、消費者に対して一貫した品質とサービスを提供するというブランドの約束を裏付けていて、その根本的な価値観は変わらないというメッセージを強く発信しています。

パーリーゲイツの創業者は誰

パーリーゲイツの創業者は、仙座学さん。1989年にパーリーゲイツを立ち上げ、現在ではアパレル企業TSIホールディングスの上席執行役員として多くのブランドを統括しています。

仙座さんは、自身で洋服も縫えるしパターンも引けるドレスメーカーです。独自のスタイルと高品質な素材に対する強いこだわりを持っており、それが現在のパーリーゲイツの製品ラインに反映されています。

どこの国のメーカー?

パーリーゲイツはどこの国のブランドかという疑問に対して、実はこのブランドは日本が発祥地です。

しかし、その起源は単なる「日本製」にとどまりません。パーリーゲイツは、日本の大手アパレルメーカーである株式会社サンエー・インターナショナルによって立ち上げられました。

現在は、株式会社 TSI が運営しています。

パーリーゲイツの年齢層とターゲット層

パーリーゲイツは、特に30代後半から60代の男性、および30代から50代中盤の女性に非常に人気があります。

このブランドはゴルフウェア市場で高価格帯に位置しており、そのため富裕層や経営者層が主な顧客となっています。

年間来店回数が2回以上のリピーター率は47%、3回以上の顧客は26%と、非常に高いリピート率を誇っています。

なぜこの年齢層がターゲットなのか?

この年齢層は通常、安定した収入と余裕を持っていることが多く、高品質なゴルフウェアに対する需要が高いです。

また、この年齢層はゴルフをビジネスや社交の場としても活用しているケースが多く、そのため品質だけでなく、デザインやブランド価値にもこだわりを持っています。

ブランドの特色

パーリーゲイツは、素材選び、パターン、デザインなど、ゴルフを快適にするための服作りにおいて高い企画力を持っていて、これが高いリピーター率に貢献しています。

さらに、過去にはメルセデスベンツやロッテ製菓といった企業とのコラボレーションも行っており、多くの著名人も愛用しています。

売上と市場シェア

日本のゴルフウェア市場は約1230億円とされていますが、パーリーゲイツはその10%以上の市場シェアを持っています。

売上高は10年間で3倍に成長、170億円に達し、顧客の7割以上がリピーターであるというデータもあります。

高齢者にも適応:

パーリーゲイツのアイテムは、高齢者にも適しています。

特に、シンプルで洗練されたデザインの商品は、年齢を問わずに着用できるため、60代以上の高齢者にも非常に好評です。

価格帯は高め:

価格帯は、ポロシャツは約16,000円から、パンツやスカートは約26,000円から、アウターは約40,000円からと高めで、多くの年齢層が手が届く価格設定ではありません。

パーリーゲイツは、”誰でも気軽にゴルフを楽しもう!”というコンセプトから、性別や年齢など、あらゆる枠から外れたゴルフウェアを提案し続けていますが、価格帯はネックになっていると言えます。

パーリーゲイツ89の意味とファッション評価の関連性

  • パーリーゲイツがダサいと言われる理由
  • 痛いデザインと言われる理由
  • 由来とブランドコンセプト
  • パーリーゲイツの人気商品とその特徴

パーリーゲイツがダサいと言われる理由

ブランドイメージとユーザー評価

パーリーゲイツが「ダサい」と評される理由は多面的です。

一部の40代男性ユーザーは、ブランドが「安い感じのデザインで、クラシックさがない」と評しています。

また、ロゴやデザインが大きく、バランスが悪いと感じる人もいます。

ファッションの組み合わせによるダサさ

このブランドのアイテムをダサく見せてしまう一因として、ファッションの組み合わせが挙げられます。

例えば、オレンジなどの蛍光色のアイテムは、タウンユースにすると悪目立ちしてしまいがちです。

また、上下がトンチンカンな色の組み合わせや、地味なファッションとのコーディネートは、チグハグ感が出てダサくなってしまいます。

ダサさを避けるための対策

  1. 色の調和: 上下の色をうまく調和させることで、全体のバランスを保ちます。
  2. アクセントの工夫: 帽子や小物でアクセントをつけることで、単調なコーディネートに変化をつけます。
  3. シンプルな組み合わせ: パーリーゲイツのアイテムを一つだけ取り入れ、他はシンプルなデザインのものと組み合わせると、洗練された印象になります。

このように、パーリーゲイツが「ダサい」と評される背景には、ブランド自体の特性と、それをどうコーディネートするかが影響しています。

しかし、これらは個々のファッションセンスとブランドの組み合わせによって大きく変わるため、一概に「ダサい」とは言えません。

選び方と組み合わせ方に工夫を凝らすことで、その評価は大きく変わるでしょう。

痛いデザインと言われる理由

パーリーゲイツのゴルフウェアは、特に若い世代に人気がありますが、そのデザイン要素は一部の中高年層には過度と感じられることがあります。

具体的には、蛍光色や大きなロゴが特徴的で、これが若者には新鮮で斬新に感じられる一方で、中高年層には「派手すぎる」という評価を受ける場合があります。

デザインの特徴

  • 蛍光色の使用: オレンジやピンクなどの蛍光色が多用されており、これが若者には鮮烈な印象を与えます。
  • 大きなロゴ: ブランドのアイデンティティを強調するために、大きなロゴがしばしば用いられます。

受容性のギャップ

  • 若年層: 「遊び心がある」と感じられ、特に20代から30代の男女に好評です。
  • 中高年層: 一方で、40代以上の一部の人々は「派手すぎる」と感じることがあり、特に蛍光色のアイテムはタウンユースには不向きとされています。

コーディネートのポイント

  • バランスが重要: 上下の色の組み合わせや、シンプルなデザインのアイテムとの組み合わせに工夫が必要です。

このように、パーリーゲイツのデザイン要素は、ターゲット層やその受け取り方によって評価が大きく分かれることが明らかです。

特に、年齢層による受容性のギャップは、ブランド戦略において重要な考慮点となるでしょう。

ブランド名の由来とブランドコンセプト

「パーリーゲイツ」は、その名前が示す通り、天国の門(Pearly Gates)を象徴としています。

このブランドは、ただの快適性を超えて「究極の快適性」を目標としています。

この追求は、製品の各ディテールに反映されており、特に素材選びやデザインにおいて顕著です。

天国の門

パーリーゲイツの人気商品とその特徴

人気商品とその特徴

  • エッジの効いた柄物や凝ったデザインのもの
    ブランドカラーのネイビーとホワイトを中心に、毎月5色ほどのカラーバリエーションが用意されています。
  • 定番商品シリーズ:
    ポロシャツやパンツなど、考え抜かれた定番型のパターンに細かいデザインやポイントを入れ、素材を毎月変えて出しています。色違いで購入される方も多く、完売はしょっちゅうで、争奪戦になることもあるとのこと。

その他の特徴

  • おしゃれなイメージ:
    パーリーゲイツはおしゃれだというイメージがゴルファーの中でも浸透しています。
  • 種類が豊富:
    メンズ・レディースで共通のデザインがあるため、夫婦やカップルでゴルフを楽しむ人、ペア戦やチーム戦で試合に出る人は「おそろい」が着たくなる。
  • テンションが上がる:
    ゴルフ場は「非日常」を求める場所であり、パーリーゲイツのウェアを着ることでテンションが上がるとされています。

総括:パーリーゲイツ89の意味と由来

記事のポイントをまとめます。

  • “89”はパーリーゲイツが1989年に設立されたことを象徴
  • この数字はブランドのアイデンティティと歴史的背景を強調
  • 30年以上のブランド歴で一貫したコア価値とビジョンを維持
  • 創業者・仙座学さんのビジョンと情熱がブランドの基盤
  • 環境に配慮した製造プロセスを導入
  • 30代後半から60代の男性、30代から50代中盤の女性が主な顧客層
  • 高いリピーター率(2回以上のリピーター率は47%、3回以上は26%)
  • 日本が発祥地で、株式会社TSIが運営
  • 日本国内外で高い評価と影響力
  • 10%以上の市場シェアと170億円の売上高
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次